2006年04月07日

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード


先ほど読み終わった“ダ・ヴィンチ・コード”

文庫になるのを待ち続け、暇があればコツコツよんだのだけどなかなかあっさりと読めたのだ。 内容はあまりに有名になっているのでココで言及する必要はないと思うので控えます。

舞台になってるのはフランスとイギリス☆ っとゆうことでちょっとばかり親近感。 行ったことあるところだと特にイメージが広がるので楽しかったのかな。 

今思えばもったいないことに、わたしはルーブル美術館に行ってはいるのだけど、込んでいる・・っとゆう理由からモナリザさんは拝まずにいたのでした。 当時(2000年)に撮った写真を引っ張り出してきて確認したらルーブルのガラスのピラミッドの前でroooとおてんば娘と3人でふざけた格好して撮った写真が一枚だけ。 もったいなーい><

でもね、記念にっと買ってきたメダルが手元に残ってるの。↓
LOUVRE coin 2000



そして、イギリスのウェストミンスター寺院(Westminster Abbey) こちらも文中に登場するのだけど、2000年に訪れた場所。 文中ではニュートンのお墓がココにあるとゆう下りで登場するのだけど、どうやら私はニュートンさんのお墓にはお目にかかってないと思う。

Westminster Abbey
 

2000年に訪れた国々(イギリス、フランス、イタリア)の写真が少ない! 撮ってあってもなんの建物だったのか・・誰の何の絵なのか・・と自分ですらわからない。 しかも、ぶれてたり暗かったり。 

当時はフィルム撮影だったのだけど、デジカメ持って再び訪れたいな。ちゃんと後悔しない旅にしたい。 っと、本とは関係ない話になっちゃった。  ま、いっか。

そそ、ニュートンと私の共通点を発見☆ それは2人とも左きき!

【関連する記事】
posted by Denise at 00:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。