2005年02月05日

映画の必需品♪


本日はrooo家にて、映画ビデオ鑑賞会!
その作品はデヴィッド・リンチの「ブルー・ベルベット」。

まず、映画を見るには必要なものが。そう食べ物。
roooと新宿待ち合わせして、ワインのお供のチーズやディップやチップスを購入☆ 

映画の必需品!


ワインは高いものはもったいないので、近所のコンビニで調達。そして晩御飯のメインとなる寿司をGETすべく、閉店間近な寿司屋の前で待機。狙うは半額!!なのに閉店10分前になっても以前30パーセント引きのまま。どうしようかroooと相談の上、店員のおねーさんに交渉を試みることにっ。 すると、おねーさんが、「半額のほうがいいですか?」っとにこやかに答えてくれて、わたしとroooとroooの相方さんの3人分の握り寿司を1000円でGET!!!! さすが商店街! 融通がきくっ! 

そして、それらと共に映画鑑賞スタート!

えーーーーっ、以前わたしはデヴィッド・リンチの「ストレート・ストーリー」を見ながら途中休憩(居眠り)をしてしまったことがあるんだけど、今回も例外なく、休憩してしまった。。でも、きっと一瞬なハズっっ!なので、ストーリーはわかるんだけど映画の面白さがわからない。roooより借りた「西荻窪キネマ銀光座」にも、書いてある通り、へんな映画だった。 きっと何回か見るとわかってくるのかな??? 

デヴィッドの世界がちょっとわたしとは、ずれているんだろーな。でもそんな考えかたできるデヴィッドはやっぱり凄いのかな?っとおもうような作品でしたヮ。
posted by Denise at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

Academy Awards Poster

またもやアカデミー賞ネタ☆

この写真はうちの玄関を開けたら正面にあるポスター!

Academy Poster

去年のアカデミー賞を見たかたならわかるハズ!そう去年の76回アカデミー賞のオフィシャルポスターなのだっっ。 これはわたしの自慢。 しかし、コレをみてすごいね!っといってくれた人はいない・・。必ず目に触れるはずなのに、みんなこれについてのコメントなし。結構これを手にいれるのには苦労したんだよ〜。

まず、日本では売っていないためアメリカのアカデミー賞オフィシャルホームページにアクセスして注文しないといけないのだ。なのでもちろんすべて英語。そして支払いはクレジットカード。なので、もちろん慎重にオーダーしないと大変なことになりそうなので、一度あきらめたもののやっぱり欲しくてがんばってオーダーしたとゆう一品☆ お値段は一枚$25、そしてアメリカ国外への送料が$15なので総額$40。

このポスターの魅力は、まず限定5000枚(全世界でだよ!)が両面印刷なのだ。もちろん私のも限定の中の一枚!両面印刷といっても同じ絵柄が書いてあるわけではなく、反転してある絵柄なの。だから字が裏文字になってて鏡に写すと正しく映るとゆうやつ。そしてそして、HPのポスターの歴史を見てもわかるんだけど、76回のやつは写真をつかってない Burton Morris とゆうポップ アーティストによるデザインなのだ!かわいいね〜♪

注文から2週間くらいでおうちに届いたんだけど、サイズのでかさにビックリ!27” by 40”とサイズは書いてあったんだけど、単位がよくわからなかったの。で、あけてみてびっくりよ。ポスターは額に入れて飾るもの。っと思っていたのでいろいろ額縁の色に悩んでいたんだど、色以外にも悩むコト発生。


なんとポスターは国によって規格サイズがちがうのだ〜!


そして、27” by 40”のサイズの額縁が「なんでもそろう東急ハンズ」にでさえ売ってない。やっぱりコレはネットで注文?とかおもったんだけど、オーダーして額縁を作ってもらうと2万円くらいするの。 なので、とても妥協して東急ハンズにて一番近いサイズの額縁を購入したのさ。この額縁が5000円くらいだったかな?

どう? この話。コレを聞いてからもう一度、うちにポスターを見においで。素通りはできないはずっっ☆

残念ながら、この76回のポスターはもう買うことができないんだけど、今年77回のアカデミー賞ポスターはココにアクセスして買うことができます。


77th Academy Awards Poster 76th Academy Awards Poster

  ↑              ↑
こちらが今年のポスター こちらは去年のポスター











posted by Denise at 01:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

ゴールデングローブ賞よりアカデミー賞♪

16日にグローブ賞が発表された。ゴールデン主演男優賞はドラマ部門で「アビエイター」のレオナルド・ディカプリオが受賞だって!

このゴールデングローブ賞は2月に行われるアカデミー賞の前哨戦とされるので、アカデミー賞ファンのわたしとしては気になるところだ。

そう、私の心はすでにアカデミー賞へ行っている。

去年はLAST SAMURAIの渡辺謙さんが助演男優賞にノミネートされてたのもあって、張り切って仕事を休んで実家に帰り、朝10時から始まる生中継を固唾をのんで見守っていたのだ!(WOWOWが実家にしかなの)結果は残念ながら、ミスティック・リバーのティム・ロビンスに助演男優賞をもっていかれちゃったけど、それも納得な感じだった。

そして今年も2月28日は仕事を休んで実家に帰る予定!もちろんアカデミー賞のためね。そしてばっちりビデオにも録画して帰ってくるのだ。 その録画するのもこだわりが。生中継を録画するのではないのだ。っとゆうのも、生放送には同時通訳が入るんだけど、わたしには納得いけない。ので夕方からやる字幕入りの方を録画して保存版にするんだっ!

楽しみだな〜♪ 今日は去年のやつをもう一回見直そ〜っと!
posted by Denise at 23:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月14日

オーシャンズ11

ocean's11

本日、買ってきちゃった〜♪オーシャンズ11(OCEAN'S ELEVEN)のDVD♪ 今日の芸能ニュースでオーシャンズ12のために来日したジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモンの記者会見をみてしまったからだ。ジョージかっこいい!記者会見でもお茶目な感じで笑いをとってたし、いいわぁ。わたしはERでジョージ・クルーニーをはじめて見たから、ERを降板して映画に進出していったのが最初は嫌だったんだよね。でも今は有名になっていったのが、誇らしい!

私はこの映画のビデオならWOWOWで録画したものを持ってる。しかも10回以上見た。では、なぜDVDを買ったのか。 その答えはやはり特典映像&音声特典でしょう!音声特典とはブラット・ピット等が映画を見ながら、「このときは・・・だったよね。」とか、永遠と自分たちの映画について話しているだけなんだけど、これがわたしは大好き♪ TSUTAYAなどでDVDを借りても普通に1回見て、そして音声特典付でもう一度見て、時には監督による音声解説まで見てから返却する。とにかく時間がかかる。

このオーシャンズ11の音声特典はまだ見ていないので、なんともいえないが、キャメロン・ディアスのクリスティーナの好きなこと(The Sweetest Thing)のDVDの音声解説はウケタ!見た人いるかな? 主演しているクリスティーナ・アップルゲイトとセルマ・ブレアが音声解説中に喧嘩をしている。しかも、結構マジな感じで。原因は映画のなかでの髪型なんだけど、セルマが結構しつこく突っ込んでいるので、クリスティーナ・アッブルゲイトが途中から不機嫌に!

そして音声解説を聞いてると撮影秘話などもわかっておもしろい! サンドラ・ブロック主演のデンジャラス ビューティーなんかではプールから上がってくるときのサンドラのアップの顔に大きなにきびがあったのを、監督にお願いしてCGで消してもたっらとか、Two Weeks Noticeでの渋滞のときにいる後ろのトラックの運転手が、サンドラの本当の義理の兄なんだとか話している。(前に見てウル覚えなので多少違うかも。)

時間に余裕のある方はぜひ音声解説まで楽しんでみてつ!
posted by Denise at 03:35| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月27日

ジーパーズ・クリーパーズ

jeeperscreepers

本日の深夜に見た映画について。
ジーパーズ・クリーパーズ(Jeepers Creepers)とゆう映画みた。内容は2人の大学生姉弟が実家に車で帰省する途中で怪しげなバンに追いかけられて、そして教会の地下に死体らしきものを捨てるのを目撃してしまうところから始まる。

見た後の感想は・・ 見なくてもよかったかも。

正直たのしい映画ではないし、ホラーといってもまったく怖くない。ちょっとグロい感じの映像があったけど、怖くて目を覆うところなんてまったくなかったし。 終わり方もしっくりこない感じ。監督が結構有名なフランシス・F・コッポラが監督らしいのだが・・。わたしの中では不評な作品でしたダッシュ(走り出すさま)


ちなみに「Jeepers Creepers」ってゆう言葉はビックリした時なんかに言う"Jesus Christ"から派生した言葉らしい・・?!

posted by Denise at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月24日

オーロラの彼方へ

frequency オーロラ

今日オーロラの彼方へ(Frequency)とゆう映画を見た。2000年の作品であまり興味がなく、借りてまでは見たくなかったので今まで見る機会がなかったけど、深夜のテレビでやっていたので早速干渉☆

内容は現代に生きる36歳の男が30年前になくなったお父さんとオーロラの出た夜に無線で交信をし、息子から父へ未来を変えてしまう事を教えてしまう・・とゆうSFも入った作品だったヮ。内容も去ることながら、36歳の息子役のジム・カヴィーゼル(Jim Caviezel)がカッコよかったぴかぴか(新しい) しかし、わたしのタイプではないけどねっダッシュ(走り出すさま)

ぜひごらんあれっ♪


posted by Denise at 21:28| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。